借金の取り立てで裁判になった!?裁判所から通知書が来たらどうするの?

更新日:

借金の取り立てで裁判になった!?裁判所から通知書が来たらどうするの?もし、多くの借金を返済せずに滞納しているのであれば、いつか裁判になってしまう可能性があります。

多くのネットなどの情報サイトを見ても、裁判が実際に起きてしまった場合における対処法は、なかなか見つけられません。

もし、裁判を知らせる通知書が届いたのであれば、債務者というのはどのような対処が求められるのでしょうか。

今回は、借金問題で裁判になった場合の対処法について分かりやすく解説していきます。

裁判所の通知書が届く

借金の取り立てがあったのですが、自分でなかなか払えないという場合には、見て見ぬふりをしてしまう人もいるようですね。

その場合、ある日突然、取り立てにも応じなくなると裁判所から支払い催促が送られてくることがあります。

ということは、相手があなたに対して「訴訟」を起こす姿勢になっているということです。

そうなった場合は、自宅あてに裁判所から呼び出し状が来るので、出廷しないと申し立てをした消費者金融側の言い分が認められてあなたに不利な判決となることがあります。

金融機関によっては、債権回収業者が準備できないという理由から、あまり督促を行わずに裁判を実施する金融機関も存在します。

そのため、利用する金融機関によっては、ほとんど督促がないにも関わらず、なぜ突然裁判が始まったのかと、疑問に思う方も存在しているでしょう。

基本的に、債務者が債権者のお金を返済しないというのは、泥棒と同じことです。

返済契約を交わしているにも関わらず、他人の財物を自分のものとして抱える行為は、十分構成要件に該当しますし、非常に違法性があり、有責性も問うことができます。

和解できれば一番良いですが、あなたの態度に相手はしびれを切らして訴訟したのであって、あとはあなたの答弁にかかってきます。

しかし、返すことが出来ない状態なら、あなた一人では到底太刀打ちができないことでしょう。
そんな時はきちんと向き合わなければなりません。

逃げ回っていても、何の解決にもならないからです。

金融機関と交渉してみる

もし、可能なのであれば、自分で金融機関と交渉することをお勧めします。

裁判になるということは、今まで全く返済に関する会話をすることなく、滞納し続けてきたのではないでしょうか?

もし電話交渉が可能なのであれば、裁判までに発展してしまった事実に対して謝罪し、毎月何円ずつ返済するのか明確に提示しましょう。

これを実施するだけで、裁判を取り止めてくれる可能性があります。

債権者としては、裁判になることを望んでいません。なぜならば、裁判にしてしまうことで非常にお金がかかってしまうからです。

また、裁判所に仕事を依頼すれば、裁判手続きなど、様々なことに時間が奪われてしまいます。そのため、できるだけ裁判はせずに一般的な返済をしてほしいと考えています。

訴訟を起こされたらまず弁護士か司法書士へ

訴訟を起こされてしまったら、まずはあなたも代理人=法律事務所に相談することから始めなければいけません。

この場合、認定司法書士は一定金額の訴訟まで、それ以上の場合は弁護士に依頼することとなります。

訴訟を起こされている途中でも和解することはできますので、弁護士を立てれば相手と交渉もしてくれます。

その場合、法律事務所に在籍する弁護士などに、「借金問題で滞納してしまった結果、裁判に発展してしまいました。」と正直に伝えましょう。

もしあなたが取り立てを無視して、その後の裁判をそのままにしていたとしたら、会社員の人であれば給料を差し押さえられることもあります。

自営業であれば会社の財産を抑えられることもあります。

そんなことになったら、なおさら将来が大変になります。

取り立てがなくなって喜んでいたら裁判になった!という場合はすぐに現状を把握すべく、専門家に相談して処理してもらう必要があります。

そうすれば、あなたは手続き一切を代理人である弁護士か司法書士に任せられますので、多少は安心です。

相手と直接交渉することもありません。

債務整理ができる可能性はゼロではない

裁判が実施されるという通知書が届いたからといって、その場で債務整理ができないというわけではありません。

弁護士が介入することで、上手くいけば金融機関と交渉できます。

弁護士が債務者にとって有利な交渉ができれば、裁判も取り止めてもらうことができるかもしれません。

取り止めてもらえる可能性は決してゼロではないでしょう。

ゼロではない以上、今すぐに債務整理を実施して、何とかお互いの中で解決策を導き出すべきです。

差し押さえになるとどうにもできない

債務整理も実施せず、返済も行わない状態で、借金を放置し続けると、裁判がそのまま実施されることは明白です。

その後、裁判が実施され、あなたの自宅にあるものは、どんどん差し押さえられてしまいます。

差し押さえられたものは、すべて売買されてしまい、借金の返済にあてられてしまいます。

あなたの手元に残るのは、法律によって最低限認められた財産だけです。差し押さえられる前に、債務整理を利用することで、このような問題も防ぐことが可能です。

信用情報機関に記録されることを防ぐ

借金を滞納してしまい、債権者に裁判を起こされるというのは、債務者にとって記録されたくない事実でしょう。

今後、金融機関などを利用することを考えているのであれば、債務整理を実施して問題を最小限に抑えられるように努力しておいた方が絶対に良いです。

弁護士に依頼金額を払うことになったとしても、得られる恩恵は間違いなく大きいですので、裁判を起こされる前に弁護士を雇い交渉していきましょう。

借金問題で裁判になったら場合のまとめ

上記の2通りの方法がありますが、裁判が始まっている以上、法律事務所に相談した方が良いでしょう。

厳しい取り立ては法律で禁じられている為、法的手段になってくることも多くなっています。

知らず知らずのうちに、自分に不利な判決がもうすでに出てしまった!となっては後戻りできません。

判決の効力は絶対なのですから・・・このままでいいやと思わずこじれる前に相談しましょう。

債務者である自分の代わりに、裁判所にも出てもらえますし、可能であれば債務整理の手続きも行ってくれます。

仮に、債務整理が実施できなかったとしても、裁判での交渉を行ってくれますので、あなたにとって心強い存在となるでしょう。

借金滞納の裁判をどう切り抜ける?裁判をしない事前解決方法

-借金整理・取り立て
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2021 All Rights Reserved.