借金の滞納が原因で給料を差し押さえ!強制執行を防ぐ方法は?

更新日:

借金の滞納が原因で給料を差し押さえ!強制執行を防ぐ方法は?借金を滞納していると、差し押さえが行われることをご存知でしょうか?

借金を返済できない債務者に対して、債権者が裁判所に申し立てることで、強制的に債権を回収していきます。

これは違法行為ではなく、法的に認められている行動で、法律に準じた債権の回収が実施されます。

それでは借金の差し押さえやそれを防ぐ方法について解説していきます。

基本的な借金の差し押さえについて

借金を返済できない場合、差し押さえという方法を実施することで、債権を回収しようとします。

例えば、給料の差し押さえというものがあります。

働いていれば給料は、毎月入ってくるものですので、その給料を差し押さえることで強制的に債権を回収しようとします。

給料や財産の差し押さえというものは、一般的に強制執行と呼ばれる債権回収方法に属しており、行政を通すことで、強制的に債権の回収を実施する法的手段となります。

言いかえれば、債権者は差し押さえをする場合、必ず裁判所を通さなければいけないということです。

裁判所を通さず給料を差し押さえて債権の回収を行うことはできません。

給料が差し押されるまでの流れ

借金の返済が滞るといつごろから差し押さえられたりするの?という疑問がありますが、大体の流れはこんな感じです。

  1. 2、3か月返済が遅れる
  2. 借り入れをした本人宛に督促状が送られる
  3. 電話の確認などが行われるが、それでも「返済が無い」「無視」する
  4. 半年くらい過ぎた頃から「差し押さえの予告通知」が裁判所を通して発行される
  5. 差し押さえのための裁判を起こされる
  6. その裁判が確定!差し押さえ完了!
  7. 会社員ならお給料が差し押さえ

差し押さえの通知はただの脅しではありませんし、強制執行という手立てを示すものです。

もし、この通知が手に届いていたらあなたの態度次第では、お給料や本人名義の財産が差し押さえられる可能性があります。

給料の差し押さえ上限

債権の回収方法として給料が差し押さえられてしまうと、生活できないと思ってしまったでしょう。

その点については、法律で差し押さえできる範囲が決められています。

生活に差しさわりが無い金額以外を借金返済にあてられることが、給与の場合は一般的。

基本原則は、給料の4分の1までしか差し押さえることができません。44万以上だと33万以外の全部を返済に回すことが多いようです。

まず、給料の差し押さえになったらあなたのところに通知が行くわけではありません。

会社には詳細というよりも、「裁判所の判決によりXXの給料を差し押さえます」という通知がいきますので、自然にお給料からしかるべき返済金額が引かれることとなります。

給料が差し押さえられてしまうと、会社に知られてしまいいずらくなってやめてしまう人も出てくるようです。

このようなことにならないためにも、事前に専門家に相談し自分に合った債務の整理方法を見出してもらいましょう。

差し押さえで実施する申し立てとは?

給料の差し押さえを行う場合、まずは金融機関である債権者から裁判所へ申し立てることから始まります。

上記でも説明したように、債権者本人が勤務先に行き、給料を差し押さえるわけではありませんので、原則通り裁判所に対して債権差押の申し立てを行っていきます。

申し立てが許可されることで、初めて給料の差し押さえが実施できるようになります。

そのため、裁判所に申し立てれば、簡単に債権の回収ができるわけではありません。

申し立てが許可される

裁判所に、給料を差し押さえても良いという申し立てが許可されると、債務者本人と債務者が働く勤務先に差押命令正本が送付されることになります。

このようなことになってしまうと、債務者の勤務先に、借金問題が知られてしまいますので非常に厳しい状態となってしまいます。

また、裁判所からの命令ですので、必ず従う必要があります。

このような命令が裁判所から実施される結果、債務者本人の給料が差し押さえできるようになるということです。

差し押さえ日というのは通知されない

債務者本人や債務者の勤務先に、差し押さえが行われることの通知が送付されるのですが、具体的にいつ差し押さえが行われるのかということは知らされません。

そのため、支払いを放置していると、知らない間に給料が差し押さえられてしまいます。

なぜ、知らない間にそのようなことが実施されるのかというと、給与を隠してしまう可能性があるからです。

もしかしたら、退職してしまい、債権の回収ができなくなる可能性もあります。

そのような問題を防ぐために、事前連絡なしで給料が差し押さえられるということです。

給料の差し押さえによる問題点

借金問題によって、給料が差し押さえられてしまうと、会社による手取りが減ってしまいます。

勤める企業によりますが、生活することが厳しくなるような給料になる可能性があります。

全く生活できなくなるということはありませんが、給料が減ることは間違いないので、覚えておきましょう。

また、会社からの信用がなくなる可能性があります。

借金の督促が会社に知られることになってしまうので、上司からいろいろ聞かれてしまうでしょう。

このような問題を抱えているとお金の管理ができない人だと思われてしまうため、できるだけ早めに返済してしまいましょう。

債務整理を利用して裁判問題を解決

借金問題による裁判を防ぎたいというのでしたら、債務整理が非常におすすめです。

債務整理を実施し、弁護士を通して債権者と交渉すれば、裁判をしっかりと防ぐことができます。

色々な債務整理方法がありますが、その中でもお勧めなのが任意整理という方法です。

任意整理は、借金問題の解決方法として最も軽度な方法です。

任意整理を実施するだけでも、裁判を防ぐことは十分にできますので、法律事務所にご相談ください。

借金の差し押さえを防ぐ方法のまとめ

もし、滞納によって、裁判になりそうだというのであれば、下記のことを行ってください。

  1. 催促や督促、時効を狙っている時期でない限り放置しない
  2. 借りたものは返すのが筋であるが、無理な場合、また返済が遅れそうなときには事前に連絡をして相談する
  3. 専門家に相談してあなたのできる範囲の借金、債務整理方法を見出しておく

特に3は、ご自身が生活していくうえで必要なもの残しつつ、再生する手段を見出していくことなので、専門家と相談しながら債権者に対しても代理で対応してもらえるといいでしょう。

うかうかしているとあなたの住んでいる家が持ち家だったりすれば、競売にかけられて家を出なくてはいけないようなことになるかもしれません。

自分で返済が厳しければ、債務整理が非常に有効ですので、ご利用いただければと思います。

また、どんな債務整理方法でも、信用情報機関に記録されますので、注意が必要です。

-借金整理・取り立て
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2021 All Rights Reserved.