過払い金の時効は10年まで!?10年以上経っても請求する方法ないの?

更新日:

過払い金の時効は10年まで!?10年以上経っても請求する方法ないの?借金の場合、過払い金の時効も存在します。

この場合の過払い金の時効は、「過払い金を取り戻せる」という場合の時効と思ってくださいね。

期限を過ぎてしまうと、多く金利を払っていても、過払い金を取り戻すことが出来なくなってしまうのです。

過払い金の時効がせまるとは?

最近CMで「過払い金の時効がせまっています」という文句を聞いたことがありませんか?

過払い金もどこまでもさかのぼって、請求できるというわけではないのです。

過払い金の請求可能期間は10年と定められています。この10年とは、最終取引日の翌日から数えて10年です。

あなたが完済していても、最終取引日の翌日から10年は過払い金が請求できるのです。

「10年以上前の取引履歴はない」といわれる消費者金融もあります。嘘をつかれちゃうわけです!

どの時点で時効になるのか、など自分の実際の取引の履歴を理解していない人も多いでしょう。

その場合には専門家に取引履歴を取り寄せてもらい、引き直しをしてもらいましょう。

素人で、足元を見られると取引履歴を開示しない消費者金融もまだ存在すると思います。

若し過払い金の時効が迫っていたら、払い過ぎた金利を取り戻せなくなってしまうのです。

いずれにしても、借金、過払い金をいつまでもほっておくのは損をすることになりかねません。

いつからいつまで自分が借りていたのか、終わっているのか等、基本的な時期は抑えておくようにしてくださいね。

任意整理で返済する

借金問題を抱えられている方の中で、今すぐにでも借金問題を解決したいと考えるのであれば、債務整理を利用してみてはどうでしょうか?

法的手段が分からないという方でも、法律事務所に相談していただければ、しっかり解決することができます。

借金問題を解決するために時効期間を待ったとしても、相手に時効の中断をされてしまったら、再びゼロから期日を計算しなければいけません。

その間にも遅延損害金や金利によって借金が増えます。

返済できなくなる前に、法律事務所に相談し任意整理を実施していれば、他者の協力を借りることになりますが借金を返済していくことが可能となります。

-借金整理・取り立て
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2021 All Rights Reserved.