ブラックリストでもプロミスなら借りれる?!でもそれはヤバいかも!

更新日:

ブラックリストでもプロミスなら借りれる?!でもそれはヤバいかも!例えば、ある金融機関を利用してお金を借り入れたとしましょう。

当初は返済できると考えていたとしても、思うように返済することができず、滞納してしまったとします。その状態が何ヵ月も続くとブラックリストに掲載されてしまいます。

この状態で、プロミスに問い合わせた場合、借り入れを行うことができるのでしょうか?

今回は、どうすれば最善の答えを導けるのか整理していきたいと思います。

信用情報機関にブラックリストは5年間掲載

まず、ブラックリストに掲載されている以上、信用情報機関に個人情報を照会すれば、滞納履歴が全て残っています。

基本的に記録されてから、5年間の間は情報として残り続けますので、その間は金融サービスなどを利用することができません。

世の中には、様々な金融サービスがありますのでブラックリストに掲載されていたとしても借り入れを行うことができるところがあります。

しかしながら、そのような金融機関は違法な闇金業者であることも多く、金利も非常に高いため絶対にお勧めしません。

ブラックリストに掲載されてしまった時点で、債務状況についてしっかりと整理していきましょう。

ブラックでもまだ借りれるのか

例えば、ある時に延滞してしまったとして、プロミスでブラックリストになったとしましょう。(ヤバいです)

よくネットなどを検索すると、xxはブラックでも借りれる!とか、審査が甘い!といったようなネタを目にすることがありますね。

大体、世のルールではブラックリストは5年は借りれないんですから。これってホントか?と思うこともあるでしょう。

ブラックでも借りれたと言う場合、ブラックから年数がたっていたり中堅の消費者金融であったりすることも多いようです。

そう、ほとぼりが冷めているか、もっと高い金利で貸す!というようなところなんですね。

プロミスの様に大手は審査がきつい、ゆるいなど、支店により個々の事情に合わせて違う場合も多少あるようです。

これがそいういう噂の広まるネタになったのかもしれません。

ダイレクトにプロミスだったらブラックでも借りれる!というのとはちょっと違うようですね。

たとえば、勤め先が安定していたら、以前5年前にブラック掲載されていたとしても給料の差し押さえによる返済もできるので、現在は借りれることもあるでしょう。

逆に、ブラック掲載されて間もないですが、急いで返済をすでに終えたなどの場合には、現状の職業などの情報をもとに借せるかどうかの審査を綿密にされるかもしれません。

遅れて返済したとしても、延滞金は無くなりますが事故情報は消えないので、まじめにやっていてもそれが一定期間尾を引くことはあるかもしれないですね。

債務状況を確認する

現状、借金問題を抱えているというのであれば、借金問題を解決する努力をしていく必要があります。

借入によって発生した借金にはどうしても金利というものが付いてきますので、自動的に債務が増え続けることになります。

増え続けた借金が新たな金利につながり、気づかないうちに膨大な借金になってしまうのです。

具体的な返済計画を立てていくためには、自分がどの程度の借金を抱えているのか知る必要があります。

債務状況を確認して自分で返済可能かどうか、判断していく必要があります。

この時点で、自分で返済できないと思うのであれば他者の協力を得ることを視野に入れていく必要があります。

多重債務者になることを防ぐ

自分の力で返済できないからといって、他の金融機関を利用してお金を借り入れてはいけません。これでは借金に借金を重ねる多重債務者になってしまいます。

闇金業者などが、「他社で借り入れができなかった人は、当社で借りてください。」などと宣伝するため、多重債務者になる人が後を絶たないのです。

借金を借り入れによって埋め合わせとして、再び借金をしてしまっているわけですから意味がないということです。

ブラックで借りようとしない

借りれるからと喜んでいてはいけません。

一度でも滞ったことがある、あるいはブラック入りしたという事は支払いに無理があったということです。

更に借りようとしたら、前よりも返せなくなり雪だるま式になる可能性もあります。

ブラックになったら、一応「反省」しないといけません。

逆に言えばブラックで「借りれなかった」状況を感謝し、今の現状をきちっと把握して専門家と一緒に無理がないように、債務整理をして「きれいに整理する」きっかけだと思っていただきたいのです!(前向き!)

そう、これ以上借金を重ねないためのチャンスだと思いましょう。

借金に借金を重ねて、人生どうにもならなくなった人を私も数多く見てきました。

あなたにそうなってもらいたくないのです。

毎月の返済ができるなら、消費者金融から借りることはたぶんなかったと思います。

ブラックが原因であなたそのものの信用情報に傷がついてしまうのがブラック入りという現実なのです。

一度、記録された内容は完済後5年~10年ほど残ると言われています。

ご家族に知られたくないし、生活はしていかなければならないし・・・

住宅ローンや車のローン、学資ローン、リフォームローンを組みたくても組めないことになってしまうのです。

でもそのことで、「新しく出直そう!」というきっかけになるかもしれません。

まずは借りれない状況と以前の状況を踏まえて現状の債務整理を優先させてください。

ブラックでも借りれるところを探そう!「プロミス」で検索したら出てきたけどどうかな?とか思わないことです!

専門家はプロですから、スピーディに処理してもらえるはず。今は敷居も高くなく、街の中の法律家があなたを快く迎えてくれますよ!

匿名で無料相談できるところもありますので、活用してみてはいかがでしょうか?

債務整理を利用して借金問題を解決する

借金問題を自分で解決できない場合、債務整理と呼ばれる方法を視野に入れて行動していく必要があります。

債務整理を利用すれば自分の債務状況に合わせて返済手段を選ぶことができます。

そのため、裁判を利用する方法もありますし、裁判を利用せずに借金問題を解決する方法もあります。

一般的に、任意整理と呼ばれる方法を利用することで裁判を実施せずに借金問題を解決することができます。

しかし、人によっては自己解決が不可能なほど借金が膨れ上がってしまい返済不可能な状態に陥っている人もいるでしょう。

このような方は自己破産と呼ばれる方法を利用することで、正当な理由さえあれば借金を全額免除してもらうことができます。

このように法的な制度を利用することで、借金を抱えていたとしても再びまともな生活を送ることができるということです。

債務整理は信用情報機関に記録される

プロミスのような金融機関で借り入れを行わなくても、債務整理を利用すれば十分に解決が可能だとご理解いただけたと思います。

しかしながら上記のような説明を見ると、任意整理をせずに自己破産をした方が、自分で返済せずに全て借金問題が解決できてしまうため便利だと思ってしまったでしょう。

信用情報機関の記録を確認すれば、自分がどのような債務整理の手段を選んだのか全て明記されているため、間違いなく任意整理のような軽度な債務整理を選んでおくことをお勧めします。

任意整理であれば、多少の援助を借りながら自分で解決していったことが分かりますが自己破産の場合、最も重い債務整理の手段ですので、他の金融サービスを利用することが難しい状態となってしまうでしょう。

プロミスでの借り入れのまとめ

ブラックリストに掲載されてしまった時点で、どのように借金問題を解決していくか正しい方法を選んでいく必要があります。

自己解決が厳しいという場合、弁護士に相談してください。

すると、上記で説明した債務整理を紹介されますので、法律を上手く利用して借金問題を解決していきましょう。

債務整理を利用すると、督促に困っていたとしても、全て解決することができますので生活を再生するために非常に有効な手段です。

信用情報機関に記録されてしまいますが、借金問題を間違いなく解決に導くことができるため、自宅の近くで働く弁護士に債務状況について相談してみましょう。

-プロミス
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2021 All Rights Reserved.